愛知産業保健総合支援センター

ご利用案内

当センターでは、働く人々の健康増進をはかるため、産業保健機関と連携して窓口・通信相談、研修、関係資料・教材などの情報提供などを行っています。
当センターパンフレット(面接指導、意見聴取等利用申込書付)
『治療と仕事の両立支援』パンフレット・申込書(企業用患者用
※パンフレットの全部または一部を複製、転載することを禁じます(申込書・相談票を除く)

ご利用できる日時

午前8時30分~午後5時15分(休日を除く毎日)
休日:毎週土曜日・日曜日、祝日、年末年始

業務概要

業務案内

研修

産業保健関係者を対象として、産業保健に関する専門的・実践的能力の向上に必要な研修を実施しています。

窓口相談

産業保健に関する様々の問題について、専門スタッフ(非常勤)がセンターの窓口又は電話、電子メール等で相談に応じ、解決方法を助言します。

事業場への個別訪問支援等

  • ①作業環境管理、作業管理等について、専門的な支援が必要な場合に専門スタッフ(非常勤)が事業場を訪問し、事業場の産業保健スタッフに必要な助言を行います。
  • ②中小規模事業場のメンタルヘルス対策の導入に関する取り組みについて、専門スタッフ(非常勤)が訪問して次の支援を行います。
    • 心の健康づくり計画の策定
    • 衛生委員会での調査審議の助言
    • 教育・研修計画等の支援
    • 職場復帰支援プログラムの作成等
    • 管理監督者向けメンタルヘルス教育

情報の提供

産業保健に関する図書・研修用機材等の閲覧・貸出しを行っています。また、メールマガジン、ホームページ等による情報提供を行っています。

地域窓口(地域産業保健センター)の設置

常時50人未満の労働者を使用する事業場の事業者及び労働者を対象として、各地域窓口(地域産業保健センター)の登録産業医又は登録保健師が次の相談・指導を行います。

  • ① 労働者の健康管理(メンタルヘルスを含む)に係る相談
  • ② 健康診断の結果についての医師からの意見聴取
  • ③ 長時間労働に対する面接指導

また、必要に応じ事業場を訪問し、相談・指導を行います。

調査研究

地域の産業保健活動に役立つ調査研究を実施し、その成果を公表・活用しています。
  • 産業保健情報・統計
  • 調達関係情報
  • 地域産業保健センター
  • 治療と仕事の両立支援
  • ストレスチェック制度
  • ストレスチェック制度
  • リンク集
  • ご相談・お問い合わせ
  • 独立行政法人 労働者健康安全機構
  • 第4回がん就労を考える会の開催について